教えて!トランクルームの比較6サイト

使い勝手と料金をしっかり確認できる

thumbnail 仕事で書類関係をどこかに一時預かりしてもらいたい場合は、トランクルームを利用することで、会社内はとてもすっきりするでしょう。トランクルームは使ったことがない人の場合、どんなトランクルームが使い勝手が良いのか、月々の利用料金の相場もよくわからないです。

そんな時にはトランクルームの比較検討サイトをのぞいてみましょう。どこがリーズナブルな料金設定になっているか、トランクの広さはどうなっているのか、セキュリティーのレベル等、さまざまな点が比較検討できるようになっています。

自分が使いたい内容に合わせて内容を確認することができます。また、比較検討サイトにはトランクルームの比較だけではなく、口コミを確認できる場合もあります。これらの情報を全て確認しておけば、結果的に使い勝手もよく、リーズナブルなところを見つけられます。

マリンボックス

公式サイトはこちら

「マリンボックス」は神奈川県を中心に東京、長崎でトランクルーム、コンテを提供しています。こちらの利用の流れはまず、インターネットサイトからユーザー登録をします。登録すると、オンライン契約、空き待ち状況など便利なサービスが利用できるようになります。

ユーザー登録が完了したら、早速物件探しです。お気に入りの物件が見つかればそのまま決済へ。決済方法は自動振替かクレジットカード払いから選ぶことができます。もし、物件が空いていない場合の時は空き待ち予約をする事ができます。この機能を使えば効率的に利用することができるのでオススメです。

また、契約時には現住所を確認できる公的書類が必要となるので忘れずに用意しましょう。また解約に関してもインターネットからいつでもできるので便利です。物件に関しての詳しい内容はお見積もりは電話で問い合わせると安心です。

Quraz

公式サイトはこちら

Qurazのトランクルームは全国にあるため一時的に荷物を収納するために選べ、自宅やオフィスから近い場所を選べます。最適な種類を探す時はサイトで見学予約し、状況を確かめると状況に合わせて選ぶきっかけになるため便利です。

また、Qurazのトランクルームは店によって様々なサイズがあり、大きくなると料金も高くなり効率良く収納すると安くなります。正しい選び方は見学をするとスタッフがいて相談しやすく、収納の仕方を確かめて余分な出費がかからないように工夫すると便利です。

トランクルームはサイズを小さくすると料金が安くなり、店舗スタッフがいて相談すると最適な方法を診断してもらえます。スタッフは収納コンシュルジュと呼ばれ、見学をする際に案内して疑問点を解消するために気軽に聞けて便利です。

Space Plus

公式サイトはこちら

普段はあまり使用しない季節用品や趣味のアイテムなどを手軽に収納出来るのがSpace Plusです。こちらはトランクルームとなっており、月額2520円から収納スペースを借りることが出来ます。このサービスは24時間利用可能となっており、必要な時にはいつでも出し入れ出来るのでとても便利です。

Spece Plusには屋内型のトランクルームと屋外型のコンテナトランクがあり、広さの異なる10タイプの中からトランクルームを選ぶことが出来ます。屋内型のトランクルームについてはエレベーターや台車が完備されており、セキュリティ対策も万全なので安心して利用することが出来ます。また、屋外型のコンテナトランクではすぐ近くまで車の乗り入れが出来るので、重たい荷物の収納がスムーズです。

また、Space Plusは日本全国でトランクルームを運営しているので、必要な時に必要な場所で収納場所を確保することが出来ます。契約についても3ヶ月以内の短期契約が可能となっており、長期の場合も解約の1ヶ月前までに申し出れば解約出来るので、効率よく利用できる便利なサービスだと言えるでしょう。

Hello Storage

公式サイトはこちら

Hello Storageは全国で75000室以上のトランクルームを扱っているので、自分の利用しやすいトランクルームを選ぶことが出来ます。また、月額料金390円からハロー安心保証パックをつけることが出来、カード型鍵再発行無料など、様々な対応が無料に鳴るシステムもあります。

首都圏を中心に多数の屋内型トランクルームがあります。部屋が狭く収納スペースが無い方におすすめになっており、1畳単位から借りることが出来ます。セコムとALSOKの二重管理で24時間使用することが出来ます。

屋外型トランクルームは北海道か九州まで幅広く展開しています。屋内型よりも割安になっており車でもアクセスしやすい場所にあるので便利です。バイクなども収納出来るので、盗難の心配がある方でも安心して利用することが出来るでしょう。

宅トラ

公式サイトはこちら

宅トラは、預けた荷物は写真で確認をする事が出来るだけでなく、荷物の出し入れもWEBを利用して指示をするだけなので、マイカーがない方でも気軽に利用することが出来ます。また、自分で出し入れの作業がないので便利です。

それから宅トラなら、空調完備で定温定湿の管理がされているのにも関わらず安価で預ける事が出来ます。郊外に倉庫がある事で安いので保管料もお得です。そのため、近くで借りて出し入れをする作業や手間の事を考えるとずいぶん安くトランクルームを借りる事が出来ます。

それから宅トラなら、荷物の出し入れや運搬に関しては、宅配業者さんが行ってくれるので安心して任せる事が出来ます。また、自宅だけでなく、外出先への運搬もしてくれるので便利です。

加瀬のレンタルボックス

公式サイトはこちら

この加瀬のレンタルボックスはレンタルボックスやトランクルームだけでなく、バイクヤードやガレージ倉庫なども扱っています。探す時は地図をクリックすると種類別に分布が分かり、自宅やオフィスから近い場所を選ぶと便利です。

また、キャンペーンをする店もあり内容を確かめ、期間を定めて無料や半額になるためチャンスを活かすと節約できます。最新の情報はサイトを参考にすると分かり、トランクルームやレンタルボックスなどにも対応するため便利です。

加瀬のレンタルボックスは様々なタイプやサイズがあり収納する量に合わせて選べ、引越しなどをするために置き場所として考えると便利です。コンテナの内部は丈夫なことや温度が上がらないため安心して保管でき、仮置きをする場所として活用法を決めると役に立ちます。

地価の高い大都市圏で小ぶりな住宅の物置代わりに拡大するトランクルーム

大都市圏では地価が高いため一般的なサラリーマンが戸建て、マンションのいずれでも住宅を持とうとすれば敷地がこぶりになるのはやむを得ません。敷地が狭いと部屋も少なく、かつ、小さくなるだけでなく、納戸や押し入れ等、生活に使う洋服や家財道具あるいは書籍等を保管するスペースも少なくなってしまいます。一方で、豊かな消費文明を楽しむ生活が当たり前と思える時代ですからどこの家庭でも何から何まで家財道具が多くなりがちです。中でも、子供の多い家庭であれば各種おもちゃ類や小間物が増えるので納戸や押し入れだけに収まりきらず、部屋の片隅に置かざるを得ない状況になってしまうはずです。家庭の中がこのようになれば日常生活で使う頻度の少ない物を自宅外に保管しておきたくなるので、最初は倉庫会社が倉庫の一部で保管業務を始めたわけです。

ところが、家庭と保管倉庫は距離の離れていることが多いので、家族が保管してあるものを急に利用しようとしても時間がかかり不便でした。そこで、こうしたスペース需要の高くなってきたことをキャッチして倉庫会社だけでなく不動産賃貸業者が事業に参入してきました。倉庫、ビル、あるいはマンションの一部を一般的な賃貸と同様のレンタル契約するスペース貸し事業が急拡大してきました。また、街中の空き地や駐車場に不動産賃貸業者等がコンテナを設置して賃貸しする事業を始めると自宅近くで借りられるので家庭の収納庫の一部として利用価値が高まり、人気が出ています。借り手は単にものの保管庫として利用するだけでなく、好きな時間帯に出かけて行って自宅の居間代わりに長時間滞在して趣味やホビーを楽しむ人もいるようです。

このように、トランクルームといっても倉庫会社にものを預けて保管管理してもらうシステムだけでなくなっています。当然、倉庫会社に保管してもらえば保管費用が高くなりますが、保管責任は業者側にあり、ものがなくなったり、毀損すれば業者側が責任を負うことになります。従って、業者側の営業時間しか、ものの出し入れができず、制約があるわけです。一方で、建物の一部やコンテナ空間のスペース貸しであれば手軽で安く利用できるので利用が拡大しています。その代わり、スペース貸しですから借り手が自己責任で保管管理することになります。従って、トランクルームを借りる場合にはいろいろな業者が参入して契約内容が違っているので、利便性や賃料の安さに気を取られずに契約書の内容を把握して、納得の上で契約することが大切です。

カテゴリー